スタートアップとスモールビジネスのちがいって? | bookcafe DOOR スタートアップとスモールビジネスのちがいって? – bookcafe DOOR

2021-05-31

Season4 | vol.55

スタートアップとスモールビジネスのちがいって?

► 49:15

DOOR radioは、沸き立つスタートアップの場である、コクリエイションカフェ Bookcafe DOORにて、経営課題や働き方の課題についてセッションをするポッドキャストです。

今回はスタートアップとスモールビジネスの違いについてトーク。

学術的なことはネットにもたくさん情報がありますが、経営者視点でその差をどのように認識しておくべきか、またどのように取り組んでいくべきか、というアプローチで話しました。

また、先日から宝塚にあるBookcafe DOORの店舗にて、カフェをご利用の方からいただいた「悩みの種」の紹介コーナーがスタートしました。

“スタートアップとスモールビジネスのちがいって?” への1件のコメント

  1. 放浪者 より:

    前回のD2Cの話、今回のスタートアップの話、とても興味深く聞かせていただきました。スタートアップについては「これから事業を新しく始める」くらいの意味かと思っていましたが、事業の内容とか戦略に関連した用語だったのですね。 ここ数年で、メルカリやBaseのようなサイト(ECサイトという分類ですか?)の認知度はかなり上がったと感じています。私自身、食品や日用品以外はほとんどネットで購入するようになりました。私はそれほど気にしないのですが、店舗で購入する人の中には、配送の際の事故を心配する場合があると思います。例えば、カメラのような精密機器を購入する場合です。物流や宅配の丁寧さや信用に関して、今後改善の余地があると思いますし、それによって変化は加速していくでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です